株式会社 博 防

消防設備工事

1.工事の流れ

2.小規模社会福祉施設における水道連結型スプリンクラー設備設置工事

平成21年4月1日施行の消防法改正により、小規模社会福祉施設における消防設備等の設置基準が強化されました。
小規模社会福祉施設において一定の要件に該当する施設には水道連結型スプリンクラー設備設置が義務付けられました。詳しくはお問合せ下さい。

※すべての施設に設置しなければならない設備
1.消火器 2.自動火災報知設備 3.火災通報装置

※条件を満たす施設に設置しなければならない設備
1.スプリンクラー設備
一定の条件を満たす場合には「特定施設水道連結型スプリンクラー設備」を設置することができます。

3.点検による不具合改修工事

点検の結果、正常に動作しない場合は、器具の故障や断線などの不具合が考えられます。不具合個所を特定し、改修いたします。

スプリンクラーのヘッドの異常、ヘッドの増設工事、他
屋内消火栓設備の配管漏れ工事の改修工事、他
連結送水管耐圧試験結果による配管漏れ改修工事、他
避難器具・・・避難はしごの取替工事、その他避難器具取替え設置、他
誘導灯・・・器具不良の場合、それぞれの場所、規模に合った型式を取替工事、他
非常灯・・・経年劣化等の型式の取替工事、他

4.誤発報への対応

火災が起きていないのに機器の故障や誤作動して火災報知機が作動する場合があります。当社では連絡を受けて迅速に現地に向かい、原因を調査し、対応いたします。

また、器具の劣化や配線の断線、雨などの自然災害による誤作動の原因を調査し、改善いたします。

防災設備全般・設計・施工・保守・点検コンサルティング

株式会社 博 防

〒811-1101 福岡市早良区重留2丁目4番10号
TEL:092-872-8032  FAX:092-872-8033

Copyright(c) 2015 株式会社 博防. All Rights Reserved.